円筒研削

基本項目

円筒研削では外面と内面円筒加工を区別します。 外面円筒研削では、ワークは片持ちまたは両センター保持で加工されます。 内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

さらに詳しく見る
外面円筒研削

外面円筒研削では、ワークは片持ちまたは両センター保持で加工されます。

外面円筒研削についての詳細
内面円筒研削

内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

内面円筒研削について詳細
ピール研削

外径円筒研削で取り代全体を1回の表面研削で加工します。 このプロセスを剥離研削と呼びます。

ピール研削についての詳細
マルチ砥石による研削

SCHAUDT が開発したマルチホイール・テクノロジーを使用すると、ワークすべての径違いの円筒部を1回のプランジで研削することができます。

マルチホイール・テクノロジーについて
ロボット・オートメーション

特に生産性の高い用途では、研削盤に耐油、耐水の保護等級IP 67 のコンパクトロボットを装備することができます。

ロボットによる自動化についての詳細
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language