ピール研削

一般的に、取り代全部を1回の表面研削で処理できます。 この方法を外面円筒ピール研削と呼びます。 送り運動はワーク長手軸方向で、砥石の長手方向の送り速度とワークの回転速度はトラバース研削よりも小さくなります。 研削砥石への負荷が高いので、この方法ではCBN 研削砥石がよく使用されます。

高速ピール研削は、段取替えが多くバッチサイズが小さい場合に理想的な方法です。 砥石の研削応力が小さいため、ほとんどの場合、ワーク主軸台とワークのセンタの摩擦力でワークを駆動回転させることができます。 この際、従来時間がかかっていた段取替えが必要なくなり、かつ砥石交換も不要になります。 段取替えの頻度は格段に少なくでき、研削内容が大きく異なる場合のみ、段取り替えが必要になります。 高い動的剛性が、コンタリング動作に非常に良い影響を与え、高精度な研削形状とその長期安定性を確立します。

円筒および非円筒研削 - その他のトピック

円筒研削の基本項目

研削とは、ワークの精密加工および仕上げ加工のための砥石による加工プロセスです。

詳しく見る
外面円筒研削

外面円筒研削では、ワークは片持ちまたは両センター保持で加工されます。

外面円筒研削についての詳細
内面円筒研削

内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

内面円筒研削について詳細
マルチ砥石による研削

SCHAUDT が開発したマルチホイール・テクノロジーを使用すると、ワークすべての径違いの円筒部を1回のプランジで研削することができます。

マルチホイール・テクノロジーについて
ロボット・オートメーション

特に生産性の高い用途では、研削盤に耐油、耐水の保護等級IP 67 のコンパクトロボットを装備することができます。

ロボットによる自動化についての詳細
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language