マルチホイール・テクノロジーによる研削

SCHAUDT が開発したマルチホイール・テクノロジーを使用すると、ワークすべての径違いの円筒部を1回のプランジで研削することができます。 その結果、サイクルタイムが最小限に短縮され、それに応じて機械の生産性が向上します。 同時に同軸度精度が大幅に向上します。 1つのワークに多種多様な幅違いの円筒部があっても、マルチホイール技術であれば問題ありません。 これはシングル砥石またはダブル砥石によるプロセスと比較して、大きな利点です。

達成できる生産性は、芯合わせ調整に時間のかかるセンタレス研削と比較できるほどになります。 オプションで上下旋回式のスピンドルによって、同じ段取りでワークの非円筒形状部を高生産性で加工することができます。

この技術はSCHAUDT CamGrind およびShaftGrind シリーズで使用されています。 適用例としては、加工プロセスに対する要求度が高いギヤシャフト研削です。 同一ワーク上の要求品質の異なる円筒部、参照基準の異なる円筒部や溝及びギア外周部の直径、ショルダー端面が、研削プロセスを複雑にし、標準的な対応では難しくなってきます。 こうした場合にマルチホイール・テクノロジーを使用すると、大幅にサイクルタイムを短縮できます。

円筒および非円筒研削 - その他のトピック

円筒研削の基本項目

研削とは、ワークの精密加工および仕上げ加工のための砥石による加工プロセスです。

詳しく見る
外面円筒研削

外面円筒研削では、ワークは片持ちまたは両センター保持で加工されます。

外面円筒研削についての詳細
内面円筒研削

内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

内面円筒研削について詳細
ピール研削

外径円筒研削で取り代全体を1回の表面研削で加工します。 このプロセスをピール研削と呼びます。

ピール研削についての詳細
ロボット・オートメーション

特に生産性の高い用途では、研削盤に耐油、耐水の保護等級IP 67 のコンパクトロボットを装備することができます。

ロボットによる自動化についての詳細
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language