ロボット・オートメーション

特に生産性の高い用途用に当社の研削盤はIP67 に準拠する油と水からの保護を提供するKUKA 製の最新のロボットを使用しています。 このため、機械の生産性が大幅に向上します。 ここでは、ソフトウェアインターフェースRun MyRobot を介してSinumerik 840D sl でロボットを直接制御できるので特に有用です。 このようにして、快適なユーザーインターフェースを備えた中央制御装置から機械とロボットを機械シーケンスに簡単に統合できます。

機械オペレータはShaftGrind L のコントロールパネルから統合ロボットを完全にプログラムしてセットアップすることができます。 軸の移動は工作機械に一般的なX、Y、Z 方向で表されます。 Schaudt Mikrosa 自社開発のプログラミングインターフェースを用いて、入力画面に欲しい情報が出てご案内します。

円筒および非円筒研削 - その他のトピック

円筒研削の基本項目

研削とは、ワークの精密加工および仕上げ加工のための砥石による加工プロセスです。

詳しく見る
外面円筒研削

外面円筒研削では、ワークは片側支持または両センター間支持で加工されます。

外面円筒研削についての詳細
内面円筒研削

内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

内面円筒研削について詳細
ピール研削

外径円筒研削では取り代全体を1回の表面研削で加工できます。 このプロセスをピール研削と呼びます。

ピール研削についての詳細
マルチ砥石による研削

SCHAUDT が開発したマルチホイール・テクノロジーを使用すると、ワークのすべての丸い形状を1回のパスで研削することができます。

マルチホイール・テクノロジーについて
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language