円筒研削の基本項目

研削とは何でしょうか?

研削とは、ワークの精密加工および仕上げ加工のための加工プロセスです。 手動で、または研削盤で行います。 この場合、全ての加工プロセスと同様に、余分な材料は切屑の形で分離されます。 刃先としては、研削砥石内の極めて小さく硬い鉱物結晶のエッジが機能します。

研削工程

最も一般的な研削方法の1つはシャフト、軸物、スピンドルなどの円筒形状またはテーパー形状のワークを製造するために使用される外面円筒研削です。 この場合、研削砥石を使用してワークの外周部を研削します。 基本的に2つの研削工程があり、プランジ研削とトラバース研削を区別します。 プランジ研削では、研削砥石はワークの円筒半径方向に進行します。 対照的に、トラバース研削では、ワークを長手軸方向に動作させワーク外周を研削する、またはワークは静止しており砥石がワークに沿って移動します。 安定した高精度なクランプ方法が必要になるので、ワークは一般的には両センター保持されますが、ワークの片持ちクランプも可能です。

他の加工方法としては内面円筒研削があり、これは主に円筒穴またはテーパ穴を加工するために使用します。 万能円筒研削盤では内面研削装置を追加で装備できます。

特別な形状を研削する円筒研削盤として、非円筒研削盤やカム研削盤があります。 ここでは、ワークの回転、砥石送り制御に加え砥石のオシレーション動作動が付加されます。

円筒および非円筒研削 - その他のトピック

外面円筒研削

外面円筒研削では、ワークは片持ちまたは両センター保持で加工されます。

外面円筒研削についての詳細
内面円筒研削

内面円筒研削は主に円筒穴またはテーパ穴の加工に使用します。

内面円筒研削について詳細
ピール研削

外径円筒研削で取り代全体を1回の表面研削で加工します。 このプロセスをピール研削と呼びます。

ピール研削についての詳細
マルチ砥石による研削

SCHAUDT が開発したマルチホイール・テクノロジーを使用すると、ワークすべての径違いの円筒部を1回のプランジで研削することができます。

マルチホイール・テクノロジーについて
ロボット・オートメーション

特に生産性の高い用途では、研削盤に耐油、耐水の保護等級IP 67 のコンパクトロボットを装備することができます。

ロボットによる自動化についての詳細
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language