どんな複雑な 円筒研削加工にも対応できる 最適なソリューション
ShaftGrind L2
基本技術データ

ダブルスライド機としてShaftGrind L2は、複雑なワークの完全加工を1段取りで行えることから、シャフト加工の全く新しい工程設計の可能性を提供します。 特に、中規模から大規模の生産サイクルタイムにおける作業タスクの変更においても、高品質を維持しながら作業時間を短縮し、投資コストを削減できます。

    機械データ

    • シャフト型ワークの円筒研削用 コンパクトなダブルスライド機(ワーク最大長さ650mm、センター高さ220mm)
    • 生産型 高生産性クロススライド機
    • 最大4枚の砥石を使用でき、ワンクランプで複雑なワークピースを完全加工
    • 最適な剛性のための角度傾斜20°マシンテーブル
    • 直径最大480 mm のCBN 砥石を装備
    • 高精度軸位置決めのためのデジタルドライブ
    • 高振動減衰能を備えたマシンベッド

    オプション

    • 上下旋回砥石スピンドルを1本か2本追加できます。隣接する研削点は幅方向で20㎜以上となります。 
    • ポータル・ローディングシステム
    • 優れた生産性のために2つのワークヘッドを装備
    • ロボット・オートメーション

    Features

    マシンベッド

    ShaftGrind L2では、部分的にミネラル混合物で満たされている溶接鋼構造で作られたマシンベッドを採用しています。 Granitan®と同様に振動減衰能にすぐれ、良い熱安定性を示します。

    上下旋回式スピンドル

    SCHAUDT の旋回可能スピンドル(特許取得)を用いれば、ShaftGrind L2 に最大4枚まで砥石を追加で装備することができます。 スピンドルにはおもにセラミックボンドのCBN砥石が取り付けられます。 電着砥石やメタルボンド砥石も使用できます。

    ワークヘッド

    ShaftGrind L2 は、優れた同心度特性を持つ高精度のダイレクト駆動ワークヘッドを装備しています。 ワークヘッドスピンドルは剛性が高く設計されており、両センタ支持(MT4テーパ)とチャックによるクランプの両方に適しています。

    テールストック

    Shafts Grind L 2 はストローク75 mm のスライド式テールストックを備え、抜群の剛性を示します。 直径15 mm のセンタアダプタは、高精度の回転特性とさまざまなブロック寸法を備えた固定センタと回転センタの両方に適しています。

    B 軸

    3つの研削スピンドルを備えたB 軸は、あらゆる加工に最適なソリューションを提供します。 240°の範囲内で、任意の角度に旋回できます。 傾いたショルダー端面の研削やテーパー面の研削を、プロファイル形状を創成した砥石を使用せずに加工することができます。

    マルチホイールテクノロジー

    マルチホイール・テクノロジーの進化により同時加工が可能になり、ワークピースのあらゆる径違いの円筒形状が、ただ一度のプランジで研削可能になりました。 その結果、サイクルタイムが最小限に短縮され、それに応じて機械の生産性が向上します。

    インプロセス測定

    ShaftGrind L2 では、高精度のインプロセス測定ヘッドを簡単に使用できます。 測定は研削プロセス中に行われ、ユーザーによる手動の修正は不要です。 これにより、非生産時間を大幅に短縮し、サイクルタイムを短縮します。

    旋回式測定プローブ

    ShaftGrind L2 にはオプションで旋回式測定プローブを装備できます。 これは砥石台側に取り付けられるため、追加の装備変更をせずに、様々な場所を測定できる高い汎用性があります。 旋回は仕様に応じて空気圧または油圧で行われます。

    2つの砥石台

    特に高い生産性が要求される場合には、ShaftGrind L2 に2つの砥石台を装備することができます。 機内コンパクトロボットでワークピースを素早く供給することもできます。 これにより、機械の生産性を大幅に向上することが可能になります。

    ロボット・オートメーション

    ShaftGrind L2 には、IP 67 に従って油と水から保護されているコンパクトなロボットを装備することができます。 ソフトウェアインターフェイスを使用して、MyRobotをSinumek 840 Dコントロールと組み合わせて使用することで、機械とロボットはより快適なユーザーインターフェイスで制御することができます。

    プログラミングインターフェースWOP-S

    プログラミングシステムWOP-S を使用すると、ワーク輪郭を迅速かつ簡単にプログラミングできます。 わずかなデータから調和の取れた回転数プロファイルを作成でき、可変的に調整することができます。 WOP-S では、データテーブルを介して輪郭データを読み取ることもできます。

    ハードウェア / ソフトウェア
    • メンテナンスとサービスに便利なコントロールシステムSIEMENS SINUMERIK 840D sl
    • SCHAUDT ソフトウェアWOP-S により幾何学形状を容易にプログラミング
    技術仕様
    kg / cm
    lb / インチ

    直線軸

    最大移動距離 X軸 360 mm
    最大移動速度 X軸 15.000 mm/min
    最大移動距離 Z軸 1.200 mm
    最大移動速度 Z軸 15.000 mm/min

    スピンドルドライブ

    スピンドル最大出力 40 kW
    最高速度 20.000 /min
    最大砥石径 480 mm
    最大研削砥石幅 270 mm

    旋回軸

    旋回範囲 B軸 24 °
    旋回範囲 C軸 ∞ °

    ワークデータ

    ワークの長さ 0 - 650 mm
    ワーク径 10 - 150 mm
    ワーク最大重量 50 kg
    最大加工長 650 mm
    最大加工径 220 mm

    直線軸

    最大移動距離 X軸 14,173 inch
    最大移動速度 X軸 590,551 inch/min
    最大移動距離 Z軸 47,244 inch
    最大移動速度 Z軸 590,551 inch/min

    スピンドルドライブ

    スピンドル最大出力 53,641 hp
    最高速度 20.000 rpm
    最大砥石径 18,898 inch
    最大研削砥石幅 10,630 inch

    旋回軸

    旋回範囲 B軸 240 deg
    旋回範囲 C軸 ∞ deg

    ワークデータ

    ワークの長さ 0 - 25,591 inch
    ワーク径 0,394 - 5,906 inch
    ワーク最大重量 110,231 lbs
    最大加工長 25,591 inch
    最大加工径 8,661 inch
    ダウンロード
    pdf, 3 MB
    ShaftGrind L 製品カタログ
    Download
    スタートページ
    グローバルグループ
    ja Change Language