100年以上にわたり アイデアと革新 円筒研削分野で

歴史

はじめに

SCHAUDT は、エンジンおよび自動車分野でのカムシャフトおよび駆動部品の精密研削、ならびに印刷業界の機械部品およびその他の大型機械製造での研削用 機械製造で最長の経験を持つブランドの1つです。

1906年にシュトゥットガルトの伝説的な機械工場Ungerで始まったものは、ユナイテッド・グラインディング・グループのコンピテンシー・コングロマリットへ合流し現在まで100年以上の成長し、発展し続けております。 世界でも稀な機械精度を可能にするアイデアや技術革新を開発するために100年以上かかります。 今日、私たちは世界の自動車製造の大部分がSCHAUDT の機械の革新的な力と正確な信頼性に頼っていることを非常に誇りに思います。

1906年~1940年
  • Carl Unger Werkzeugmaschinenfabrik としてシュトゥットガルトで設立(1906年)
  • 円筒研削盤および内面円筒研削盤の量産開始(1911年)
  • 技術部長Dr. Gerhard Schaudt による初の高性能研削盤の開発(1930年)
  • 最初のカムシャフト研削盤をボッシュに納入(1935年)
1941年~1980年
  • Dr. Gerhard Schaudt が代表取締役になり、SCHAUDT Maschinenbau GmbH に改名、シュトゥットガルト・ヘーデルフィンゲン本社(1943年)
  • エルワンゲン工場竣工(1955年)
  • 初の全自動カム研削盤(1960年)
  • プログラマブル・ワークドライブを備えたCS シリーズの開発、後にCD ドレッシング法開発(1979年)
1981年~1999年
  • HAUNI-Werke、Körber&Co. KG、Hamburg が買収(1983年)
  • CNC コントローラとダブルスライド方式による円筒研削および非円筒研削用CF シリーズ導入(1985年)
  • SCHAUDT をメンバーとするSchleifring Maschinenbau GmbH をハンブルクに設立(1993年)
  • 革新的なCBN 砥石技術を採用した高性能カム形状研削盤CF41 を導入(1995年)
  • Schleifmaschinenwerk Chemnitz GmbH、ハートマンズドルフと合併、PF シリーズ汎用研削盤の買収(1996年)
2000年〜2008年
  •  MIKROSA Werkzeugmaschinen GmbHとBerliner Werkzeugmaschinenfabrik(BWF)GmbH をSCHAUDT MIKROSA BWF GmbH に吸収統合 (2000年)
  • 幅広い用途のモジュラーシステムとしてのZEUS M シリーズの開発(2002年)
  • 自動車産業向けの円筒研削コンピテンスセンターとしてStuder Schaudt GmbH を設立(2004年)
  • スイス、トゥーンのFritz Studer AG と共同でCamGrind S を開発(2006年)
  • CamGrind シリーズの継続開発からZEUS M ライン、PF ラインの継続開発からFlexGrind シリーズが生まれる(2008年)
2009年~2010年
  • 2009年、Studer Mikrosa GmbH とStuder Schaudt GmbH は合併し、シュツットガルトに本社を置くSchaudt Mikrosa GmbH を設立。
  • 2010年、本社とブランドSCHAUDT とMIKROSA のすべての生産拠点をライプツィヒに移転
2013
  • Schleifringグループは、UNITED GRINDINGグループに改名(2013年)
  • ハノーファーのEMOで、UNITED GRINDINGグループの 新しい機械設計の発表(2013年)
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language